外資系へ転職する前に確認すべき3つのこと

外資系に転職する時には確認すべき3つのことがあります。
まず大切なことは英語力で、
英語力はできるだけ高い方が好ましいです。

挨拶ができる程度の英語力では転職は難しいことが多く、
最低でも自分の意志をなんとか伝えられる英語力が求められます。

具体的な資格で言うと、
外資系の会社ではTOEICで700点以上のスコアを
持っていることを求められることが多いです。

2つ目のポイントは行動力です。
他の人に言われて動くのではなく、
自分から進んで行動する人が求められます。
また意見や提案などの自分で積極的に口にすることが望ましいです。

行動力は面接の時にチェックされるので、
面接時は行動力があることをアピールするようにしなければなりません。

3つの目のポイントはコミュニケーションのスキルです。
このスキルはどの業種で働く場合も重視されますが、
外資系の場合は特に重要になります。

外資系なので日本人以外の人と働く機会が増えます。
そういった時にこちらの意志を確実に伝えて、
相手の意志を確実に理解しなければなりません。

日本人同士ではないので、言葉を使って論理的に説明できないと、
こちらの意志が伝わらないことがあります。

英語力にプラスするコミュニケーションのスキルがなければ、
外資系では働けないと言っても過言ではありません。

コミュケーションのスキルも面接の時に厳しくチェックされます。
コミュケーションのスキルに自信がない場合は、
まず英語力を磨きましょう。そして英語がある程度できるようになったら、
いろいろな人と英語で話をすれば、コミュケーションのスキルはアップします。