【就活生必見】面接官はコレを見ている!面接の際のNGマナー

遅刻や相手の敬称を省略してしまうことなど、
就活に臨む人でなくとも非常識であると
捉えられることは面接でも当然のことながらNGマナーとなります。
それだけではなく、
就活生個人の性格から生じてしまう振る舞いも
場合によってはNGマナーと受け取られてしまいます。

面接官は自社の戦力となり得る人材を求めているので、
ときには就活に臨む人のストレス耐性を確認することがあります。

たとえば、面接中に就活の方法論が間違っているなどと言い放たれた場合、
その対応によって採用するか否かの評価が下されることは少なくありません。

就活に取り組んできたことの全てを否定されたような気持ちになるので、
憤りを感じるのは自然なことです。
しかしながら、面接官に向かって真っ向から持論を展開する人は
就活のゴールラインを自らの手で封鎖する結果につながります。

相手が言うことに耳を傾けることなく感情のままに反論するような人材は、
組織内の秩序を乱す可能性が高いと言えます。

そのため、憤りを感じる発言を耳にした際には感情的になることはNGマナーです。

反論したい気持ちを抑えつつ、
自身の至らない部分を認めて改善し続けたいと発言する姿勢を
重要視することは良いマナーと言えます。
なお、モラルに反している発言には毅然とした態度を示すことが肝要です。
良くないことには自身の立場を問わず主張できる人材は組織の風紀を正常化させるために必須なので、
全ての場面で下手に出る必要はありません。